サッカースタジアム観戦|サッカーを観戦しよう

サッカーを観戦しよう

"家から比較的近い所にサッカースタジアムがあり、有名なリーグもあるのでスタジアムへ行ってみるのは比較的容易に出来る事ですが、スタジアムによっては比較的便利の悪い場合もある。まず公共の機関を使って観戦に行くのが望ましいことになるのでしょうが、その際に知っていればもっと便利になる手段もあります。例えば協賛しているタクシー会社が駅からスタジアムまで一定料金で走ってくれたり、リムジンバスならば観戦が終わってすぐに出発してくれるので、自家用車で来ている人達よりもロスタイムが少なくてすむ方法もスタジアムではとっています。自家用車の人は試合終了時間から30分間は出庫を許されないからです。それにしても、道路事情上試合終了後に道路が渋滞して進まなくなるスタジアムもあれば、比較的抜け道が多くある所にスタジアムがあります。試合終了後の渋滞も比較的緩和されやすいように思えます。何よりもスタジアムの前に駅があり、そこから多方面に帰ることが出来、尚且つ下車する駅に駐車場が設けてあれば尚の事よさそうです。それに、スタジアムではさまざまなショップが出店され、時にはサッカー選手に会えることもあります。私は選手をあまり知らなかったので気がつかなかったんですが、普通に帰っている選手を発見したことがあります。そんなにザックりしているのか。と思うほどです。その選手は後によくジャスコでも見かける事になるのですが、未だにサインを頂いたこ,ありません。何だか申し訳ない気がして、話づらい。"

サッカーTV観戦

サッカーのTV観戦の良い所は気楽に見れることです。世界選手のプレーも容易に見ることが出来、横になりながら、何かをしながら、自分のスタイルで試合を見ることが出来ます。もし夜中の試合であれば最悪録画をしておけば見れるわけで、とても便利さを感じます。それに、私みたいに素人でサッカーの事をあまり知らなくてもサッカー解説をしてくれるので本当に助かるのです。メンバー発表もフォーメーションも全部教えてくれます。最近は地デジになったのでアルファボタンを押すと色んな情報を習得することが出来ます。それに、一瞬の見逃したプレーやシュートの瞬間を再度スローでリプレイしてくれるので非常に分かりやすく便利だと思います。

サッカー試合観戦

先日息子がPK戦に出るサッカーの試合を観戦しに行っていました。息子が蹴る前から「入らない」と思っていました。それはサッカーが下手だとかそういう意味ではなく感じるのです。息子の仕草などから直感が嫌な感じを予感させたのです。緊張を表に出さない息子ですが、最後の番の息子は蹴る前から後ろを向き気持ちを落ち着かせる仕草をしていました。それから、ボールの所まで小走りに進んでいく瞬間に私は「はずす」と確信したのです。私もあせる気持ちから小走りになりやすい気持ちは分からなくはありません。

初めてのサッカー観戦

初めてサッカースタジアムへ観戦しに行って、プロの選手のボールさばきを見てとても感動したことを今でもはっきり覚えています。はじめて見たのが35歳の私はサッカーを知らないまま育って、子供達と一緒に少しボールを蹴っているだけのただのお母さん。あんなにボールが足に吸い付いて、たとえるならまるで磁石が足についていてボールが吸い寄せられているかのような動きをボールがしていました。しかもボールが生きているかのように動いてるようです。思わず「ボールが生きてる」と叫ぶほどでした。

サッカーのサポーターとしての観戦

サポーターにはなってはいないですが、サッカー観戦に行った時の事です。おされ気味の試合の時にサポーターは結構ひどい事を選手に言っていました。自分が選手だったらかなりへこみそうなことを・・・「それでもサポーターなのかな」と思いサポートするんだったら、もっと選手が頑張る事ができそうな声かけをしてあげればいいのにと思っていると、横で「プロは結果を出して当たり前。応援してるんだからやってくれ。と思うのがサポーターじゃないか。

サッカー観戦場所

サッカースタジアムに観戦に行った時、たまたまアウェイ側の観客席で見ることがありました。その日は相手チームに見たい選手もいたのでその席を選びましたが、押されている試合の中、隣の2人がゲーム解説するかのようにずっと話していました。たまたま聞こえてきた話の中に、押されているチームの弱点を話し始めました。自分達は勝っているチームなのに、その人達は負けているチームの事まで分析し、ゲームを見ているのです。しかもその人達はどうやら教師のようで、日頃から話すのはお手の物。

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) サッカーを観戦しよう All Rights Reserved.